3Dconnexionとは

3Dconnexionは、製造工程に必要な設計業務、デザインレビュー、シミュレーション、試作などで使用する、CAD/CAM/CAE、CG、VR、RE、ビューアなどのソフトウェアを利用するユーザーのための入力装置メーカーです。

入力装置として3Dマウスおよび3ボタンマウスがあり、その操作を可能にするドライバーも提供しています。

3Dマウスと称するSpaceMouseシリーズは、ドイツ航空宇宙センターで開発された技術からなる6自由度センサーを搭載し、3Dモデルの直感的な移動操作を可能にします。

3ボタンのCadMouseシリーズは、CADなどのソフトウェアを利用するうえで大変使い易いマウスとして好評を博しています。

SpaceMouseシリーズとは

3Dconnexionが開発する3Dマウス、SpaceMouseシリーズは、CADなどのエンジニアリング用アプリケーションで、快適かつ直感的なデジタルコンテンツを操作する手段を提供します。これらの製品の使用により、生産性と操作の正確性が向上することが証明されています。

Technology Assessment Groupの調査によると、SpaceMouseシリーズを使用する場合としない場合とを比較して平均で 21% 生産性が向上するという結果が報告されています。生産性向上以外にも、デザインレビューの際の不整合形状の発見率の向上や、腱鞘炎などの罹患リスクの軽減といった効果が期待されます。

主な特徴

SpaceMouseシリーズには、キャップと呼ばれる6自由度センサーが搭載されています。このキャップは、縦と横に加え垂直方向の3軸方向に力を与えることで、CAD上のモデルがその方向へ移動し、それぞれの軸に捻りの力を与えることでモデルがその方向に回転移動をするという仕組みになっています。そのためCADの3次元空間にあるモデルを直感的に動かすことが出来ます。

SpaceMouseシリーズの中でも、プロフェッショナルシリーズはキャップの周辺に多くのボタンが配置され、アプリケーション毎のコマンドを手元で素早く実行することができます。これにより更に作業効率を上げることが可能となります。

CadMouseシリーズとは

UNIXワークステーションでの動作を前提として開発されてきたCADなどのエンジニアリングソフトウェアの多くは、元々クリック用ボタンが3つのマウスも標準的な入力用マウスとして採用されていました(一般的に3ボタンマウスにはホイールが付いておりません)。

近年3ボタンマウスが市場から少なくなり、クリック用ボタンが2つでホイール付きのマウスが一般的になりましたが、このようなマウスではマウスホイールが3ボタンマウスの中央ボタンの役割を果たす仕様になっています。

エンジニアリングソフトウェアでは、マウスホイールをクリックしたりドラッグしたりする操作が多く、1日に何百回もその操作を強いられることもよく見受けられます。

マウスホイールを押す操作は、指に負担が掛かり操作中にホイールが回転するなど操作の精度も下がります。

このような状況から改めて3ボタンマウスへの需要が高まっております。

クリック専用の中央ボタンは、マウスホイールをクリックする場合に比べて3分の1ほどの力で済むので、指の負担を軽減することができます。

また過去に存在していた3ボタンマウスでは無かったホイールも装備されているため、ブラウザーやドキュメント系ソフトウェア、エクセルなどの表計算ソフトウェアの際に便利なホイール操作も可能となっています。

主な特徴

CadMouseシリーズのマウスはクリック用に3つのボタンとホイールが搭載されたマウスです。SpaceMouseシリーズと共通のドライバーにより、一般的なマウスでは出来ない便利な機能が利用できます。その1つはCADモデルのズームイン/アウトの操作で、親指ボタンの1プッシュでズーム操作が素早くお行えるQuickZoom機能です。

その他カスタマイズ可能なショートカット用のジェスチャーボタンも装備されております。

また設計業務ではマウスが酷使されるため耐久性の高い設計仕様になっています。

ご注意ください

3Dconnexionでは、SpaceMouseシリーズやCadMouseシリーズなどの製品が、CADなどのソフトウェアと連動して動作するようドライバーも開発をしています。3Dconnexionが紹介する便利な機能は、このドライバーにより利用することが可能となります。

ドライバーとCADなどのアプリケーションとはリンクされていなくては、3Dconnexion製品はそのアプリケーションで利用できません。

アプリケーションと3Dconnexionドライバーとのリンクは、アプリケーションメーカーが作成しています。リンクの作られ方や作られた年代によって、3Dconnexionが提唱する機能が十分利用できない場合が御座います。

導入のご相談・お問い合わせについて

さらに詳しい情報は3Dconnexionの公式サイトにてご確認ください。
資料請求、製品デモ・導入のご相談をご要望の方は下記よりお問い合わせください。

このページの上に戻る