ホーム > 提供ソリューション > CAD>CAM>CAEコアテクノロジー

提供ソリューション

当社が提供するCAD>CAM>CAEコアテクノロジー

コンサルティングから具体的なツール導入~サポートまで、
開発生産性向上を、ワンストップでお手伝いします。

当社が提供するCAD>CAM>CAEコアテクノロジーとソリューション群

上~下流を一気通貫させるソリューションの提供

昨今、設計者が自らの開発プロセスの中でさまざまな解析を実行し、それを再度設計ベースに組み入れながら、同一の3Dデータを製造プロセスにまで貫く“CAD/CAM/CAE”連携の動きが求められています。

開発にともなうCAD上の成果をそのままCAE環境に持ち回り、
製造プロセスにまで還元するシームレスな単一環境の実現

これが、すべての製造業にとって重要な指標です。

しかし、

“CAD/CAM/CAE”の3つのプロセスを区切る“スラッシュ”の存在

――これこそが、問題である、と当社は考えています。

例えば以下のようなシーンはありませんか?

部門の用途や使い勝手に即して、マルチCAD環境が進んだ現在の開発環境の下、相互に別ツールのモデルをインポート それを基にメッシュの適用やデータ入力等のプリ・プロセッシングを図る さらにソルバーにかけて演算処理を実行し、再び下流工程にフィードバック

このような動きでは、どうしてもトラブルが生じがちです。

分断された“CAD/CAM/CAE”を、シームレスな“CAD>CAM>CAE”環境へ

“CAD/CAM/CAE”の各プロセスが分断されている現在の状況は、無用の手間やタイムロスを招くだけでなく、益々激化する市場競争の中で、開発期間の圧縮が厳しく問われるリアルビジネスへの貢献度を削いでしまうことになりかねません。

当社は優れたミドルウェアの提供や、開発プロセスのリエンジニアリングに関わるコンサルティングなどを通じ、分断された“CAD/CAM/CAE”の問題を解決し、シームレスな“CAD>CAM>CAE”環境を実現いたします。

“CAD/CAM/CAE”の“スラッシュ”を解消する強力なソリューション

シームレスな“CAD>CAM>CAE”環境を実現するソリューションの1つが「CADNexus/CAPRI(カプリ)」です。「CAPRI」は、CAD>CAE双方向のデータ交換をスムーズに行う全く新しいソフトウェアです。CAE向けのCADデータ変換・修正を自動化して高精度の解析用モデルを作成、人手に頼ることが多かったモデル作成・修正作業の大幅な効率化を実現します。

CADNexus/CAPRIの詳しい製品紹介へ

また、「3D Evolution」はフィーチャー情報(設計意図)を含む形でCAD間のデータ変換を可能にしたソフトウェアです。フィーチャー情報を含んだ形でデータ変換ができるので、例えば企業のM&Aや事業統合で3DCADを統一する場合などに、異なる3DCADのバージョンから、バージョンの低い3DCADに、フィーチャー情報ごとデータを渡すことができます。

3D Evolution & 3D Analizerの詳しい製品紹介へ

開発現場の効率化と精度向上に新たな潮流に注力
「3Dプリンタ」&「3Dマウス」

モックアップやプロトタイプ製作の現場で開発効率を上げる「3Dプリンタ」

そもそも立体である製品のイメージを、ディスプレイ上で仮想的に3D化して確認するのには限界があります。そこで、3D-CADデータから実際の製品形状を形成する3Dプリンタが、熱い視線を浴び始めました。

3Dプリンタは、開発の各段階で必要に応じて実際の立体形状の確認を可能にしました。製品をオンデマンドで即座に形成し、モックアップやプロトタイプ製作に要していた時間やコストを削減。開発効率や製品精度の向上を手にすることができます。

当社は、この3Dプリンタの分野において、世界初のカーボンファイバ3Dプリンタとして話題を呼んだ「Markforged」をご提供しています。

Markforgedの詳しい製品紹介へ

煩雑になるマウス操作に威力を発揮する「3Dマウス」

3Dデータの可視化では、モデルを傾けたり回転させることが必要となり、マウス操作は煩雑になりがちです。メニュー・コマンドの選択や実行、モデル・シーンの移動、拡大・縮小時のドラッグ・スクロール・クリックなどの操作において、3Dマウスが威力を発揮します。

3Dモデルを、実際に手で持ったようなイメージで自由に移動、回転させたり、建物や風景の中を自由自在に移動するような直感的操作がしたい…。そんな願いを実現するデバイスが、3Dマウス「3Dconnexion」です。

当社は、「3Dconnexion」の日本独占販売権を獲得し、建築やゲーム開発などのグラフィックス分野における潜在ニーズにもお応えしています。

3Dconnexionの詳しい製品紹介へ

片手でスキャン。あらゆる場面で高精度の計測が可能になる「3Dハンディスキャナ」

DPI-8 Kit(3D ハンディスキャナ)は、アンドロイドタブレット(Google Nexus7)を使用しているので、PCに接続しなくとも、その場で3D計測したデータを確認できます。対象物にマーカーを貼りつける必要がなく計測物の表面形状を自動で捉え、点群データを作成します。片手で持ちながらスキャンできるため、あらゆる場面で高精度の計測が可能です。

DPI-8 Kitの詳しい製品紹介へ